バイト初心者におススメ!コンビニバイトのメリット3つ

コミュニケーション能力がつく

コンビニバイトは接客業です。品出しや検品、掃除など業務内容は多岐にわたりますが、メインとなるのは接客です。コンビニバイトは定型文さえ言えればだれでもできるから、コミュニケーション能力はつかないという意見もありますね。確かにレジは決まった言葉を言うだけでもつとめられるかもしれませんが、レジの他にも、商品の場所や特徴を尋ねられたり、店舗周辺の道を聞かれたりなど、定型文ではとても対応できないこともよくあります。また、近くて便利なコンビニには、老若男女問わずご来店されます。お得意様は見慣れた店員に世間話をふられることも。このようにコンビニは、お客様と接する機会がとても多く、お客様の層も他のアルバイトより広いです。コンビニのバイトで様々なお客様と接していくなかで、自然とコミュニケーション能力がついていくことでしょう。

家から近くて通勤が楽

バイトを続けるための要素は、実は家からの距離だったりします。とくにバイト初心者の多い高校生であれば通勤手段が徒歩か自転車であることが大半なので、自宅から職場への距離はバイトを選ぶにあたってとても重要な要素になるでしょう。バイト先暑い夏や寒い冬に、遠いところまで歩いていったり、自転車をこいでいくのは大変ですよね。近くて便利なのが売りであるコンビニならば、割とどこにでもあるので、徒歩や自転車でも通勤が楽になることが多いです。

廃棄をもらえるから食費が浮く

直営店やフランチャイズという言葉はご存知でしょうか。簡単に説明すると、直営店はコンビニの会社が直接経営している店舗で、フランチャイズ店は会社に雇われた一般の方が経営している店舗です。直営店では廃棄弁当は貰えないことが多いですが、フランチャイズ店では廃棄弁当やおにぎり、スイーツが貰えることがあります。そのため、ご飯代が浮くのです。一日一食浮くだけでも、月で見れば結構な金額を節約できます。浮いたお金は洋服や旅行など、好きに使えますし、お弁当やスイーツが自分の口にあうチェーン店に勤めると、ご飯が楽しみになりますよ。

コンビニのバイトの仕事をするには、特に業務のマニュアルが完備されている店舗に応募をすることが肝心です。