保育士の仕事は大変!気になる保育園での仕事!

保育士の仕事内容は!?

保育士は両親が就労などにより保育できない子供を保育する事が仕事です。ですがただ同じ部屋にいて子供の面倒を見るだけの仕事ではありません。子供はいつ何をするのか分からないので、危険が無いように常に注意深く観察する必要がありますし、時には厳しくしかる事も必要です。お友達の輪に中々入る事が出来ない子供に対しては、一緒に遊ぶ事が出来る様に考えなければいけませんし、食事のマナーも教える必要があります。保育士の仕事は精神的にも体力的にも大変な仕事です。

行事の準備や親への対応も大変!

保育園では年間行事がいくつもあります。進級式や七夕、運動会、お月見、クリスマス会や遠足もあります。どれも保育士が事前に準備する仕事です。作る作業は子供のお昼寝中に行う事が多いのですが、それでも終わらない場合には自宅での作業になる事もあります。また連絡ノートに記入したり、クラス便りの作成も行っています。保育士の方で一番苦手なのは親への対応かもしれません。時に理不尽なクレームを言ってくる保護者もいるので、対応に困ってしまう事もあるでしょう。

子供の笑顔がやり甲斐!

保育士はとても大変な仕事ですが、それでも仕事を続けるのは園児たちの笑顔があるからですよね。子供がいる方は自分の子供と過ごす時間よりも園児たちと過ごす時間の方が多いですし、年配の保育士の場合には孫と一緒にいる気分かもしれません。保育園は0歳から入園出来るところが多いので、小学校入学前までの6年間を一緒に過ごしていきます。子供の成長をマジかで見ることが出来、卒園する時には思わず涙があふれてしまうかもしれませんね。保育士はとても遣り甲斐のある仕事ですよね。

都市部では保育士不足が深刻となっています。大阪でも例外ではなく保育士が不足している状態が続いているので、保育士の求人を大阪で探すとすぐに見つかります。